CHECK

デスクマットはあったほうがいい?購入を検討している人が知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説

デスクマットがあれば机に汚れが付着するのを防ぎ、作業中の傷などが発生してもマットが保護してくれます。
さらにクッション性が良く、静電気防止などの機能があるモデルでは、使用する人の快適性も確保されるので出来ればマットを使う方がお勧めです。
処理によって光沢タイプとノングレアタイプがあり、窓から差し込んだ光やモニターの映りこみなどがない、ノングレアタイプの方が使い勝手がいいと言われております。
購入しても千円程度から数千円程度ですし、数年単位で使用出来るのでコストパフォーマンスが高いアイテムです。

デスクマットはあったほうがいい?購入を検討している人が知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説

デスクマットを敷くことで、デスクの表面を保護する役割があります。
スチールのオフィスデスクならば、使用時のひんやりした冷たさを緩和してくれる効果もあるのが特徴です。
近年では静電気防止機能やマウスカーソル対応など、デジタルツールを使用した仕事に対応している製品も数多く販売しております。
デスクマットの基礎的な役割は保護になりますが、必要書類を挟み込んだりなど、アイデア次第で活用方法は広がるのです。
透明なクリアやノングレア、色付きのタイプもあるので好みや書類が見やすいなどの状況に応じた選択が重要です。

デスクマットにはどういった役割がある?

以前は仕事はオフィスに行かないとできませんでしたが、現在はインターネット環境とコミュニケーションツールがあれば、自宅など好きな場所で行えるようになりました。
自宅で仕事をしている方は、デスクマットを使用してみてください。
デスクの傷や汚れを防ぐだけでなく、作業効率を高めてくれる役割があります。
キーボードをしっかり固定して効率よく仕事を進めることができますし、ボールペンなどで書く際にも非常に便利です。
ボールペンで書くことが多い場合は柔らかめの素材、鉛筆で書く機会が多い場合は固めの素材のデスクマットが適しています。
高級感のあるものを使用すれば、モチベーションも高くなります。
何もない机で仕事をするより、モチベーションが高くなることが多いです。
デスクマットも様々な商品が販売されているので、よく調べた上で自分に適したものを選ぶことが重要になります。
価格が安いだけで決めると後悔することになるので、機能性やデザインも重視するべきです。

オフィス環境をより良くしてくれるデスクマット

オフィス環境では、仕事を行う際にデスクを使用する頻度がとても高いのではないでしょうか。
毎日のデスクワーク作業を行う上で、どうしても机の上には傷や汚れが多く付いてしまいますが、それを防ぐためにデスクマットがあります。
デスクマットは保護の役割を果たすだけでなく、鉛筆やボールペン、万年筆などの筆記用具を使う時にとても書きやすくなり、作業の効率が上がります。
また、パソコンの使用においても光学マウスを使用できるので、問題なく作業することができるのです。
そんな便利なデスクマットですが、鉛筆を多く使用するならば硬め、ハンコを押すなら厚めなどその種類は多岐にわたりますので、選ぶ時にはご自身の仕事内容に合ったものを探すと良いでしょう。
その他にも資料を挟める物や、インク移りを防いでくれる物など機能性を持った種類も出ています。
敷くだけで効率を上げてくれるデスクマットは、働く人の環境をより良くするためにぜひ使いたい商品です。

デスクマットの選び方がわからない場合のポイント

子供用の学習机や自宅のテレワーク環境で、作業効率を高めるアイテムとして取り入れられているのがデスクマットです。
デスクマットといえば大切な机を長く綺麗に使うために、汚れや傷から保護することを目的としています。
透明なタイプならば資料などを挟んでおくことで、常にチェックしながら作業をすることができるといったメリットがあります。
ただ様々なメーカーから素材・サイズ・価格別で販売されているので、どのデスクマットを選べばいいのかわからないという方もいるので、選ぶときのポイントとして最初に「硬さ」をチェックしましょう。
普段机でどんな作業をするのかに応じて、マットに使用されている素材から厚さや硬さを選ぶようにしましょう。
たとえばお子さんで鉛筆を使用する機会が多い場合は、鉛筆の芯が沈み込まないアクリル素材を使用した硬めのマットが向いています。
反対にボールペンや万年筆を使用する機会が多いなら、弾力があり柔らかめのオレフィン樹脂や塩化ビニル素材のマットがおすすめです。
また大切な資料などを挟んで使用したいなら、マットへインク移りを防ぐために非転写加工が施されているタイプを選ぶときれいな状態で利用することができます。

デスクの天板を保護してくれるデスクマット

デスクマットは色々な目的で使われていますが、その一つに大事なデスクを守ってくれる、保護する目的でというのも挙げられるでしょう。
特にデスク素材がガラスであったりしますと、意外と傷がつきやすいですし何か物を置いたり落としたりすると一気に傷ついてしまいます。
デスクマットは透明タイプであればガラスの良さを出すことも出来るでしょう。
もし特に色などもこだわらないという事であれば、デザインも取り入れていって選ぶことも出来ます。
カット出来るタイプであれば、そのデスクの大きさに合わせてカットすればよいですし、既製品であればその大きさの中で1番近い形を選ぶことになります。
基本的には既製品の机の場合は大体合いそうな大きさのマットが見つかります。
それでも少し妥協しなければならないという事はあるかもしれませんので、ぴったりサイズが欲しい場合はネットでオーダーでの注文をしたり、カット出来るタイプのデスクマットを選ぶと良いです。

デスクマットに関する情報サイト
デスクマットの基礎知識

デスクマットがあれば机に汚れが付着するのを防ぎ、作業中の傷などが発生してもマットが保護してくれます。さらにクッション性が良く、静電気防止などの機能があるモデルでは、使用する人の快適性も確保されるので出来ればマットを使う方がお勧めです。 処理によって光沢タイプとノングレアタイプがあり、窓から差し込んだ光やモニターの映りこみなどがない、ノングレアタイプの方が使い勝手がいいと言われております。購入しても千円程度から数千円程度ですし、数年単位で使用出来るのでコストパフォーマンスが高いアイテムです。

Search